27歳職歴なしフリーター女が200万で海外移住するには

タイトル通り。日本での将来に不安しかないアラサー女が海外移住を目指します。

無理無理

見積もりを取ってもらっていた某団体から私のプランの斡旋料等の見積もりが来たんですが

 

いや、無理無理。本当無理。

 

だって全部支払ったら生活費として使える金額全く残らないよ。

これ、ビザサポートやAusbildung先、またはAusbuildungの前段階の研修先を探してくれたり、色々してくれる手厚さが売りなんですが、総額200万円だそうです。私言っときますけど全財産が200万ですからね。

でもお金を払いさえすれば、「できませんでした」ってことは日本の商売の慣習上絶対にありえないことだと思うので、安心できるとは思います。でも無理~マジお金ない~~

親にも面接に来てもらえとすごいしつこいんですが、これ、親は金持ってるので、面接まで来てもらって私の気持ちなんかを聞けば絶対金を出してくれるってことを分かって言ってるんですね。

親は言えば出してくれるでしょう。実際「後で返してくれればいいから」なんて言われましたし。あとやっぱり実家はお金には困ってないんですね。正直100万くらいぽーんと出してくれると思う。

 

しかし私は最初からそれをあてにしたくないです。だってなんかそれってフェアじゃない気がする。それに、このブログのタイトルは「200万で海外移住するには」ですからね。

 

Ausbuildung中はフルタイムで働いて5万円程度しか給料が出ないので、ちょっとでも貯金はあったほうがいいよね。

ワーホリしてた友達も、今から思えばエージェントにお金なんて払わなくてよかったと強く言ってて、時間はかかるかもしれないけど自分の目でお店を見て回って、モチベーションシート手渡しできたらして、もしかしたらその場で面接受けられるかもしれないし、そっちの方が自分のためにもいい気がする。私就職活動しなかったっていうのがずっとネックになってまして、今ちゃんとやって凹んだりしたほうがいい気がするんです。なんかやっぱり私は今まで拒絶されたり否定されたりすることから逃げ続けていた気がするので…。

やっぱりあのエージェントには私の中の金額の判断の基準点と、情報源になってもらって、ぎりぎりまで引っ張ってやっぱりやめよう。

モチベーションシートは日本にいるときから送ってみてもいいかもしれないよね。

そうしよう。

 

ドイツ人の友達をネットのペンパル募集のサイトで若干名作ったのと、知り合いの紹介で頼れそうなドイツ語ネイティブの方もちらほらいるので、添削はお願いできるでしょう。うむ。

 

保険はProVisitって所のを選択しました。€38.5/月(29歳まで)、クレカ決済だと€5手数料取られます。

大使館おすすめのサイトだということなので、他にもこれで申請できた方もいるそうなので大丈夫だろう…。だめだったらヤヴァイけど…。

ドイツのワーホリ申請には、女性の場合妊娠に対するケアもないといけないんですが、日本にはそういうサーヴィスを提供している保険会社はないそうです。今日電話かけて聞いたエージェントの2つともがそれを知らないのか、日本の保険会社じゃないとダメとか言って…。大丈夫なのか??

5月の終わりにはvisaの申請に行こう~っと。

 

あとは家探しだなぁ。一ヶ月くらいは語学学校の寮みたいなところでもいいかなぁ。

あー、タダのところないかなぁ。。

そう言えばウーフー(お手伝いをする代わりにご飯と宿を提供してもらう)っていう制度をおすすめされたんだけど、ファームだったらフローリストのコネもできるかな??ちょっと探してみよう。

やっぱり誰かを頼ると五感が死んでいく気がするんですよね~。貧乏は自分で考えて足を使って判断していかないといけないから、時間はかかるけど達成感がある気がする。うむ。